Archive for the ‘失敗’ Category

看護師と患者との常識の違いが生む失敗

火曜日, 7月 4th, 2017

医療現場では忙殺されることが多い影響もあって些細な失敗をしてしまうことはよくあります。
重大になるような失敗はしないように予防線が張ってあることからめったにないものの、軽微なミスを繰り返してしまっている看護師は意外に多いものです。
しかし、失敗の内容によっては重篤になるリスクがあることは常に考慮しなければなりません。

看護師として働き始めた頃によくある失敗が、看護師と患者の常識の違いに対する配慮の欠如であり、当然と思っていたことを患者が守っていないことによってトラブルが生じてしまうことはよくあります。
たかが採血一つでも苦情を訴えられてしまうことがありますが、その原因が止血を十分に行っていないからであるというのは典型的な例でしょう。
だからこそ採血をするたびに揉まないようにして5分間は押さえておいてくださいという指示を出さなければならず、同じ人に対しても何度も繰り返して指導をすることになります。

何も知らない人だと考えて指導を行っていかなければ常識が違っていることによる失敗を防ぐことが難しいからであり、医療業界ではようやく浸透してきた考え方です。
医療現場での失敗はリスクが高いことから、その予防線を十分に張り巡らしておくことが必要であり、繰り返しの指導が疎まれることになってしまっても万が一のことを考えて繰り返していくことが必要になっています。
そうすることで常識の違いによる失敗も予防できるからです。

患者がよく信じている医療の都市伝説を集めたサイトがありました。
注射した後は揉む、風邪は移すと治るなどよく聞く話を紹介されていて、これらは何故信じられているのか、自分たちの知っている常識は患者にとってはなぜ当然ではないのかをしっかり知り、正しい指導を行っていきましょう。
そのサイトは>>>こちら